すべての既存のタイプのスプレーガンは、国内または専門分野で特定の作業を実行するように適合されています。適切な装置の選択は、必要とされる塗装の品質、作業が計画されている塗装材の種類、および手入れの複雑さおよび追加装置の必要性に依存する。 空気圧スプレーガン:品種、動作原理、賛否両論 この種のスプレーガンは、塗装プロセスを自動化するために使用された最初のものです。最高の品質でプロフェッショナルに使用するためのツールでした。 作用の一般原則は、容器からノズルへの塗料材料の供給であり、それを通して強力な空気ジェットが通過する。ノズルの設計は、空気流が塗料小滴を細かい塵に砕き、それを外側に運び、いわゆるトーチの形で噴霧し、ノズルから円錐状のノズルが発散するように作られる。 空気式スプレーガンは、塗料タンクの上部または下部の位置で実行できます。 + 空気圧スプレーガンの利点 塗料はできるだけ薄く塗布します。 セットアップと使用が簡単です。 - 空気圧スプレーガンの短所 エアブラシは圧縮機によって正しく選択されなければなりません。 全ての塗料が塗装された表面に着るわけではありません -
ダイヤモンド切断ディスク、またはダイヤモンドホイールと呼ばれるものは、従来の研磨剤と比較して多くの利点を有する。彼らは、リソース、切削の正確さと生産性の大幅に高い率を持っています。次に、ブルガリア人のためにダイヤモンドディスクを選択する方法、どのような種類のディスクが存在するのか、そしてその利点について検討します。 ダイヤモンド切断ディスクの紹介 水なし切削のためのダイヤモンド切れ刃付きサークルは、日立製作所の構造部門である三共ダイヤモンドツールの設計事務所で最初に作成されました。 はるかに多くの技術が初めて使用されたので、サークルは十分に信頼できず、すぐに失敗しました。例えば、高温のはんだ付けにより、ダイヤモンドと切削部分を鋼製ベースに取り付けました。作業の過程で、大きな摩擦力が発生すると、金属が加熱され、はんだが溶融し、作業部分が単に落ちる。水冷では、このような円は多かれ少なかれ忍耐強く働いたが、乾いた摩擦ではその資源は小さかった。 ダイヤモンドは材料をカットし、ほこりにそれを磨耗しない、高い摩擦力が急速加熱を伴っているという事実 - 熱は特別なスロットサークルの存在にもかかわらず、さらに、放電体サークルのための時間を持っていないが、加熱時に変形されます。形状の変化は重要ではなく、破壊を脅かさないが、接続の強さに悪影響を与える。 三共ダイヤモンドのエンジニアたちは、作業部とベースを大きな圧力で焼結する他のソリューションも提案しました。このような接続は、より耐久性があり、かなり高い温度に耐える。このように、熱と変形に強いセグメントとソリッド・ディスクを作成することができました。技術はまだ使用されています。 第2の解決策は、分子レベルでのレーザー溶接である。この技術によれば、セグメント化されたタイプの円だけが生成される。強度と信頼性のために、両方のタイプのディスクはほとんど同じですが、多くの専門家はレーザ溶接方法が優れていると信じています。 取り外し可能なダイヤモンドディスクの原理 ほとんどのダイヤモンドディスクは、12,000rpmまでのスピードでアングルグラインダーで使用されます。最高の車輪が耐えることができる最高回転数は13,900 rpmですが、切断時に開発できるツールがあまり多くありません。 処理される表面では、ダイヤモンド自体だけが接触します -
熟練した男性の手が家にいるときは、新しいキャビネットを持ち上げて棚を上げ、ネジでネジを締める人がいることを意味します。これらのネジやナットは、普通のドライバーの後では、あなたの手が鋳鉄製のもののように包まれなければならないことが時々あります。しかし、ドライバーでこれを多大な労力を要することなくすべて行うことが可能になります。家のために購入するドライバーのタイプを最適に決定するために、この装置の特性を考えてみましょう。 どのようなパラメータは良い家庭用ドライバーを持っている必要があります このデバイスは、ねじ、ボルト、ナット、またはねじをねじ込むか、ねじを外す必要があるときに必要になります。ドリルを植えた後、穴を開けることもできます(しかし小さな穴だけ)。あなたが大きな穴をドリルする必要がある場合は、ドリルアシスタントを取る。 ねじ回しの主なパラメータはトルクです。このインジケータは、装置のパスポートを調べるときに注意を払う必要があります。 トルクの大きさは? このパラメータは、ツールが何の問題もなく対処する表面を示します。トルクが小さければ小さいほど、ねじがねじ込まれなければならない材料の密度が低くなるはずである。家庭用工具の場合、10〜20 N・mのトルクで十分です。電気モーターを保護するために、そのクラッチには特別なラチェットが装備されています。許容スレッショルド(最大トルク)を超える負荷でモータシャフトがスリップし始めます。 高品質のドライバーには、常にこの最大トルクを制限する装置があります。リング状に作られ、クランプチャック直後のエンジンの軸上に配置されています。安全クラッチと摩耗ノズルが保護され、スクリューが材料に入りすぎないようにします。 リミッターを調整することができます。調整のステップは5から22です。それよりも少なくするのが良いです。 食べ物の種類を選ぶ ドライバーは固定式でも、通常のコンセントから電源を供給するものでも、充電式でもかまいません。後者のオプションは、よりモバイルで、よりコンパクトで便利です。しかし、彼には「落とし穴」もあります。ドライバーを長時間使用しないと、バッテリーがゆっくりと消耗します。このドライバーはたいてい起こり、2ヶ月に1回使用することができます。バッテリーは放電され、タイムリーな充電を受けず、ゆっくりと容量を失います。したがって、長いコードのあまり便利でないネットワーク機器を検討する価値はあります。それはあなたを失望させません。 マイナス - バッテリの定充電と急速充電が必要です。
パンチ - 家庭内のものが必要です。特に家の壁がコンクリートやレンガでできている場合。ショックメカニズムを備えた従来のドリルでこれらの材料を突き刺すのは簡単な作業ではありません。そして、必要であれば壁の一部を解体するだけで、穿孔器がなければそれは消えません。しかし、家のために買うためのどんな種類のパンチャー - 簡単か重いか、家庭か専門家か。この質問への答えは新しい材料にあります。 家庭用パンチャーには十分な特性 デバイスのクラスを決定する これらのツールの多様性を調べるために、その分類を見てみましょう。これは、あなたが正しい特徴を持つパンチャーを選択するのに役立ちます。 しかし、クラスは少なく、3つしかありません。 軽いクラスの穿孔器は体重が4キロ以下です。彼らはしばしば家庭のニーズのために購入されます。そして、誰かが家のためのパンチャーを言及した場合、原則として、それは簡単なツールです。主に穴あけに使用されます。 中産階級に属する穿孔器は「より印象的」になるでしょう。彼らは5から8キロの体重を持つことができます。非常に良好な衝撃力(最大8ジュール)を有し、鋼の固体格子を破壊することさえ可能である。コンクリートの表面の凹凸を滑らかにしたり、不要なものを簡単に削り取ることができます。 ヘビーデューティパンチャーは、「プロ」のためのツールです。彼らは優れた機能性を持って、8キロ以上の重さです。そのような強力なデバイスは、最も硬い表面でさえも、穴を開けることができます。 打つ力 衝撃エネルギーとも呼ばれるこの特性は、ジュールで測定され、そのようなデバイスの決定要因となります。それは、ドリルがどの程度の深さで材料に突っ込むことができるかに依存します。家庭用の軽い穿孔器では、この値は1〜2ジュールを超えません。低インパクトのエネルギーパンチ穴ではできないように正しく念頭に置いてください。結局のところ、パンチャーはドリルのように動作します。
モダンな表土の中では、花崗岩はその特殊な強度と耐久性によって特徴付けられています。これらの性質は、敷設プロセスにおいていくつかの問題を引き起こす。特に、深刻な困難が磁器タイルに穴を開ける可能性があります。 どのように陶器の石器を掘削するのか、掘削プロセスを適切に実施する方法 - この2つの問題がこの記事で注目されます。 磁器の石器の脆弱性と硬度は、この困難な課題を解決するための特別なツールを選択することを示唆しています。 磁器の石器を掘削するためのツール 今日まで、ダイヤモンドクラウンと2種類のダイヤモンドドリルの3種類の工具で、セラミックと花崗岩のタイルに穴をあけることができます。我々は簡単に各種類の工具を特徴づけ、この目的のためにダイヤモンドのビットがいかに便利であるか、ドリルで磁器の砥粒をいかにドリル加工するかを決定する。 陶器製の石器の穴あけには、ガルバニ噴霧のダイヤモンドクラウンがよく使われます。低コストが主な利点です。 掘削中の最終圧力を低減し、プロセスの速度を大幅に向上させる機会を提供します。クラウンの主な欠点は、小さな作業リソースです。厚さ8mmの磁器製ストーンウェアで作られたタイルは、このようなビットを最大で5回掘ることができます。 これは、ガルバニックコーティングを施したクラウンのように見えます。 焼結されたダイヤモンドダイヤモンドドリルは、磁器石器を穿孔するために首尾よく使用することができるが、コンクリートおよび類似の耐久性のある材料を穿孔するためにより頻繁に使用される。このようなドリルの作業部の厚さは2mmである。このようなドリルは、高い端部圧力のためにまれに使用してください。欠点は、低い穿孔速度でもあります.1つの穴には3〜5分かかります。欠点にもかかわらず、リングダイヤモンドドリルは深刻な利点があります:彼らの仕事の寿命は、クラウンのリソースよりもはるかに高く、1つのドリルに100以上の穴を作っています。 ダイヤモンドコーティングを施したリングドリル。 一般に、私は今、陶器タイルを掘削することが明らかになったと思います。今、掘削のプロセスをどのように実装するかについて話しましょう。どのような種類の掘削に興味があるか、異なる材料を扱う場合は、次の記事を参照してください。掘削の種類 -
穿孔器 - コンクリート、石材、またはその他の材料の壁に穴が開けられる、建設および修理に不可欠なツールです。外向きには、ドリルのように見えますが、操作の原則は異なります。この記事では、さまざまなタイプのパーフォレータ、各ツールの目的とその適用範囲について検討します。 重量と目的によるパンチャーの種類 重量と目的によって、次のデバイスグループが区別されます。 軽い(国内の)パンチャー - 2~4kg。 中程度の(セミプロフェッショナル)穿孔器 - 5-8kg。 ヘビー(プロ)パンチャー- 8-10 kg。
良いドリルは壁に穴をあけるだけでなく、他の多くの便利な機能を実行することができます。したがって、未経験者が今日の市場で提示されている多くのモデルから選択することは非常に困難です。次に、自宅で使用するためのドリルを選択する方法や、特定の要件を完全に満たす作業に常時使用する方法について説明します。その際、予想される作業範囲とツールの機能性を考慮に入れます。 プロのドリルと家庭の違いは何ですか? すべての訓練を家庭と職業に分けることは認められている。後者は永久使用のためのものです。彼らはより高い価格、人間工学に基づいた設計であり、家電製品ほど広い範囲ではありません。しかし結局のところ、年に2,3回掘削する必要がある人は、「プロ」のためのツールは一切必要ありません。アマチュアモデルはこのような作業に対処できます。 家庭用具はすべての有名なメーカーによって生産されています。専門家からは、それはより普遍的である点で異なる。その価格と品質の指標は調和して組み合わされ、機能性は何よりも賞賛されます。それは、そのような訓練は、日中わずか4時間しかできず、定期的に休みを取ることができます。 15分または20分の作業後に休憩するのが最善の方法です。仕事と休憩の時間は同じでなければなりません。 装置のこのような短時間の連続運転はかなり理解可能である。事実、家庭用のモデルやエンジンは低出力であり、材料は最も堅牢ではありません。プロの道具とは異なり、このようなドリルは作業中に水やほこりから保護されにくい。しかし、彼らは多くの肯定的な資質を持っています。 我々はそれらを挙げる: 1。 家庭のニーズのためのドリルは、普遍的です。パーカッションツールとして使用することもできます。穴をあけるだけでなく、ネジを締めて、頑丈なパーティションを突き破ることもできます。原則として、それらのすべてに逆の機能が装備されています。しかし、 "クールな"プロフェッショナルモデルは、はるかに限定された機能を持っています。 2。 家庭用機器は軽量アイテムから組み立てられているため、軽量です。工具をすばやくクランプするホルダーは非常に便利で、本体には柔らかいライニングがあります。人間工学に基づいた外観は、使い勝手を向上させます。 3。 原則として、これらのデバイスには優れた保護機能と制限された電源特性があります。したがって、経験の浅い家庭のマスタでさえ、作業中に負傷することはありません。
寒い季節には、施設の暖房はかなりの問題です。このような作業は、生産時および個人の住宅所有者の両方で発生し、必要に応じて特定の部屋を素早く加熱することができます。これらの目的のために、最も適切なオプションはヒートガンです。 この記事では、最良の熱銃を検討し、異なる発熱ユニットを持つデバイスの比較特性を作成します。いつものように、最高のモデルを選ぶために、私たちはこの機器のユーザーの意見と評価を分析しました。 異なる種類のヒートガンの比較 ヒートガンは、建物の急速加熱に使用される装置であり、対象物の迅速な乾燥または加熱のための特定の技術プロセス(冬の建物の仕上げ作業、修理作業中のガレージスペースの加熱、倉庫および工業施設の暖房および等)。 ヒートガンの主なコンポーネントは、次の部品とコンポーネントです。 空気加熱素子; 部屋に暖かい空気を供給するファン。 ヒートガンのシェル(通常金属製)。 装置の過熱を防止するサーモスタット素子; サーモスタットは、自律モードで作業するときに設定温度パラメータを維持するために使用されます。 設置されている熱発生装置に応じて、熱ガンは3つのタイプに分けられます。 電気 ガス ディーゼル
map