天井 - 常に見える表面であり、そのデザインはインテリアの知覚に大きな影響を与えます。それは部屋のデザインの重要なディテールです。木造家屋で天井を固定する方法の問題を解決するためには、その建造物の特異性と建材としての木材の挙動の特質を考慮する必要がある。 天井を飾るときに考慮しなければならない木造住宅の特徴 木はかなり変な素材です。ウッドは完全に静的ではありません。湿度の変化の影響を受け、部品の寸法が変動します。特に新しい構造の大きさの強い変化は、それが作られた木材の湿気は平衡値に達しなかった。 新しい木造住宅は常に収縮し、木材の質と構造の性質によって、このプロセスは数か月から1年または2か月かかります。最大の収縮は、「ワイルド」ログからのログによって提供されます。プロファイルされ接着されたビームが「座っている」ことははるかに小さい。フレームハウスの収縮はほとんどありませんが、この場合はゼロではありません。 ログハウスを設置するときの尾根と壁。詳細:https://srbu.ru/otdelochnye-materialy/444-chem-obshit-steny-v-derevyannom-dome-vnutri.html 年後ろの壁と壁。詳細:https://srbu.ru/otdelochnye-materialy/444-chem-obshit-steny-v-derevyannom-dome-vnutri.html 通常、収縮が終わるまで仕上げ作業は行われませんが、必要に応じて、特殊な設置方法を使用して直ちに仕上げを行うことができます。 収縮後、木構造はまた、季節が変化するときに、原則として発生するサイズの変動のために、いくらかの移動性を保持する。 木製家屋の天井の仕上げのために、異なる材料が使用される。それは最もよく木の家の家の考えに対応しているので、頻繁に木に優先されます。 様々なタイプのライニング 木製パネルはおそらく木造住宅で最も人気があり、成功した材料です。その利点: 簡単なインストールと皮膚の容易な品質保証;
セラミック花崗岩およびセラミックタイルは、最も求められている仕上げ材料の1つです。しかし、家、アパート、またはオフィススペースを仕上げるために何を好むべきかという問題は依然として重要です。磁器タイルやセラミックタイルの方が優れていると正確に言えば、それぞれの材料が独自の特性を持っているため困難です。この記事では、これらの資料を比較し、セラミックタイルと磁器石器を使用するための最良のオプションについて学びます。 セラミックタイルと磁器タイルを作る技術の違い 磁器タイルおよびセラミックタイルの特徴および特性は、主に製造材料の技術によるものである。アプリケーションの特性とロジックをよりよく理解するためには、両方のタイプのタイルの生産のニュアンスを詳しく見ておくことが重要です。 セラミックタイルの製造 セラミックタイルの製造には、以下の成分を含む原材料が使用される。 #1。 粘土。タイルの製造のために、耐火性または耐火性粘土等級が使用される。この場合、より強い材料を得ることができるので、第1の選択肢が好ましい。 #2。 石英砂焼成後のタイルの形状をより強固に保つことが必要である。 #3。 長石化合物は、ミネラル、ナトリウムおよびカリウムのアルミノシリケートの混合物である。高温の影響下で材料の成形および強度を高めるのに十分な粘度を原料に与える。 必要に応じて、原材料には、可塑剤、フィン、および水分を迅速に除去するための蒸気形成成分などの様々な添加物が添加される。 一般に、セラミックタイルの製造は、いくつかの段階で行われる。 原材料の調製、主成分と添加剤の正しい比率での混合、
新しい家を購入したり、古い家を修理することを決めた人は、常に窓に関する質問を出す。どの窓が木製またはプラスチック製のプライベートハウスに最適ですか?そして、都市のアパートで?これらの質問は決して修辞的ではありません。そして、これらのデザインや他のデザインには長所と短所があります。今日、我々はプラスチックと木材の間の情報に基づいた選択を容易にするために、小さな比較分析を行います。 パラメータによるプラスチック窓と木製窓の比較 プラスチック製の窓 木製の窓 フレームの熱伝導率 0.15~0.2W / m * Kである。 0.1W / m *
Gres porcellanatoは、面するセラミックスの1つです。どんなセラミックスと同じように、それは主成分が粘土、石英砂および長石である混合物を焼結することによって製造される。しかし、その生産技術には、基本的な性質ではないが、磁器製の石器と普通のセラミックタイルとの間に巨大な違いが生じ、それを非常に特殊な材料と考えることを可能にする相違がある。これらの違いを考慮して、おそらく、我々はGresのタイルに関連する誤解と神話のいくつかを解消するでしょう。 磁器タイルとセラミックタイルの生産の違い セラミックス花崗岩とセラミックタイルとの違いを議論する前に、これらの材料の生産の特徴をよく知ることが重要です。 セラミック製品の製造の基礎は、石英および長石との相互作用における粘土の燃焼である。あらゆるセラミックスの製造の技術的な鎖はこのように見える: 初期成分の粉砕およびその投与、充填の準備; 鋳造、プレスまたは押出による物品の成形; 乾燥 - 物理的に結合した水の除去; 発射。 必要に応じて、焼成前に「ビスケット」の表面に釉薬を塗布する。釉薬は主焼成後でも適用することができます。この場合、製品は再び焼成されます。複雑な多層装飾を施す場合、複数の焼成が使用され、これは釉薬の形成に必要である。 原材料 セラミック花崗岩の違いは、原材料の組成から始まります。従来のセラミックスでは、赤と白の粘土が使用され、keramogranitaでは白色とカオリンとイライトが使用されます。細孔形成添加剤は、従来のセラミックに導入され、製品の質量を減少させる。磁器のストーンウェアの場合、それらは追加されず、密集したシャードを得ることに寄与する。セラミック花崗岩の混合物における重要な役割は、表面活性物質(SAW)によって行われ、これは、充填物の内部摩擦を低減し、製品を成形する際の圧縮を容易にする。
セラミック花崗岩は、最も実用的で審美的に魅力的な仕上げ材料の1つです。当初は、公的な場所や工業企業などの技術的目的のためにのみ使用されていました。しかし、現代の技術は、優れた特性と花崗岩のプロパティは、デザインのさまざまなオプションと質感と色合いの豊かなパレットを組み合わせたタイルの新しいタイプを作成することができました。この資料では、材料の利点、変種および範囲について詳細に説明しています。 陶器製石器の製造技術と組成 磁器タイルの作成の基礎はいわゆるスリップです - 柔らかく、お粥のような磁器の塊です。 原材料には以下が含まれます: カオリン - 白い粘土。これは材料の耐火性と良好な結合能力を与える。 イライト粘土は原材料をより延性にするために必要であり、後で均質性と曲げ強度に変わります。 石英(石英砂) - 高強度と優れた硬度を持ちます。 長石
今日、あなたはあらゆる趣味や財布の壁紙を購入することができます。豪華なカントリーハウスや穏やかなフルシチョフのためにも、壁紙を購入することができます。しかし、豊富な選択肢は購入プロセスの促進を意味するものではありません。壁を仕上げるためにこの豊富な素材の前に店に立っている人はすぐに多くの疑問を引き起こします。色を除いて、壁紙と他の壁紙は異なるのですか?どの壁紙が良いですか - ビニール、不織布、紙?どのように選択肢を間違えないでください?その答えは明らかです - あなたは現代の壁紙の少なくとも一般的なアイデアを得る必要があり、それから知識で武装して店に行きます。 ビニール、不織布、紙の壁紙とその種類 紙の壁紙 安全に壁被覆の古典と呼ぶことができます。彼らは道徳的に時代遅れであり、誰にも興味がないという意見があります。しかし、統計は反対の主張です:紙の壁紙はまだ需要があります。これは驚くべきことではありません。なぜなら、「クラシック」という言葉は、主に何世紀にもわたって証明された品質に関連付けられているからです。 紙の壁紙の基礎はセルロースです。これは、低い耐湿性と不十分な強度、しかし高い空気透過性と比較的低い価格のすべての長所と短所を決定します。紙の壁紙には、シングルレイヤー(またはシンプレックス)とダブルレイヤー(またはデュプレックス)の2種類があります。 2番目はより強く、より耐久性があり、接着するほうがはるかに簡単です。洗濯可能な紙の壁紙は、通常装飾的なラッカーの層で覆われているシンプレックスに基づいて作られています。 ふわふわした壁紙 - 紙の中の親類と有能な競争相手。 Flizelinは、圧縮天然(セルロース系)および合成繊維(最も多くの場合ポリエステル)繊維で作られた不織布です。これは、紙のすべての利点(高い環境、空気や水蒸気透過性)を有し、したがってその欠点の大部分が欠けている(特に不織布壁紙は、実質的に湿潤に変形しない、紙よりも高い強度と耐久性を持っています)。ほとんどの不織布壁紙が塗装のためのエンボスベースとして使用しますが、必要に応じて、コーティング、すでに堆積し、パターン化された背景色を選択することが可能です。
金属プラスチック窓の断熱および騒音防止特性は、フレームに挿入された二重窓の品質に直接依存します。多くのバイヤーは、PVCウインドウの操作データがフレームのプロファイルのパラメータによってのみ決まると誤って考えているため、ガラスユニットにほとんど注意を払っていません。また、窓の総面積の80%以上を占め、建物の光透過能力だけでなく、家の保温と遮音のレベルにも影響します。 市場では厚さや窓眺め、ガラスの厚さの量が異なるプラスチック窓、様々です。右側のウィンドウを選択するには、プラスチック製の窓用の窓が何であるかを知っておく必要があり、二次的である必須および検索する内容パラメータに、どのような資質は本当に有用であり、「チップ」を宣伝以上のものではありませんいます。 カメラ数による二重窓の種類 構造的には、二重窓ガラスは、互いにある距離をおいて設置された2つまたは3つの平行なガラスシートからなる。シートは特殊な構造、すなわち指定された幅の金属またはプラスチックからなるスペーサフレームに接着されている。 いくつかの機能を実行します。 ガラスを1つのデザインに結合します。 それらの並列性を決定する。 内部キャビティ(チャンバー)をシールする。 二重窓を強化します。 カメラから余分な湿気を取り除くことができます。 ロシアのGOST 24866-2014によれば、シングルチャンバ(SPO)とダブルチャンバ(SPD)の2種類の二重窓ガラスが製造されています。シングルチャンバーは、2枚のガラスと1枚のスペーサーで構成されています.3枚のガラスと2枚のフレームから2つの部屋に分かれています。同じGOSTは、4枚または5枚のガラスからなる他のデザインを提供しています。しかし、そのような二重窓は、特別注文によってより頻繁に作られ、窓の総生産のわずかな割合を構成する。 二重窓ガラスは、最高級のM1、いわゆるフロートガラスのみが使用されています。これは、先世紀の50年代に英国で発明された非常に興味深い技術によって生まれました。それは、溶融ガラス(砂、ドロマイト、ソーダ灰および石灰の混合物、T融解する≥1000 0C)を所定の形状の浴中に溶融スズ層(T融合。=
優れたが、寒ウィンドウの開始と夏と初秋に従軍曇るようになりました - 新しいプラスチック製の窓の誇り所有者になって、多くのアパートの所有者は、むしろ不快な現象が発見しました。民家、コテージ、オフィスでは、このような問題はあまり一般的ではありませんが、完全に排除することはできません。誤った信念とは対照的に、かぶりはウィンドウの品質(ほとんどの場合)に関連するのではなく、インストールと操作のエラーだけに関連しています。 多分誰もが家の中のPVC窓の出現がより静かで暖かくなったことに気づいたでしょう。特にすべての窓といくつかの扉が交換されたとき。しかし、少数の人々はあなたが窓を開けていない場合、それは呼吸が困難になり、より頻繁に部屋を換気する必要があったこと、注意を払って、高齢者の感触悪化し、外に行くために無意識の必要性はより頻繁に発生します。 ウィンドウの曇りの原因 金属構造のインストールは根本的に家の中で微気候を変えるという事実 - フレームとても迷惑ユーザーがよりよいのために壊れた、とされていない中でスロットと木製の窓を用いて行われた天然ガス交換、。人や家畜を呼吸させ、食物を調理し、植物の生命活動を活性化させる水分と二酸化炭素は、換気装置によって不完全に取り除かれます。自然循環が乱れ、複数のマンションや多くの民家の換気システムが計算された。原則として、排気と換気はここでは提供されていませんが、すべての希望は空気の自然な動きだけです。 部屋が増加中の二酸化炭素と水分の濃度が得られ、10倍 - 低減された外気流からインストールプラスチック製の窓は5です。まだ時々オープンドアやサッシ窓が、2〜3倍の水分濃度が上昇間違いなく - もちろん、家庭でのこれらの物質の含有量の増加はわずかに低くmikroatmosfere。これはなぜプラスチックの窓が発汗しているのかという質問に対する完全な答えではなく、その一部だけです。 湿度レベルから露点温度(結露が始まる温度計の温度)にどのように依存するかを表に示します。湿度の上昇に伴い、窓の窓の露が早く現れると、画像がはっきりと追跡されます。これはかぶりを引き起こす。
map