ドイツの会社Viessmanは、世界中で販売されている高品質の製品を生産しています。 Viessmanのボイラーは小型です。ガスボイラーWismanは単回路または二重回路にすることができます。フロアモデルの寿命は長くなります。凝縮モデル - 環境に配慮した、経済的な、固体燃料の熱分解とディーゼルボイラーは高効率です。ボイラーについてのレビューWismanには、このブランドのコージェネレーションプラントを持つユーザーからのコメントも含まれています。
最初のFerroliガスボイラーは、半世紀前、前世紀中頃に生産されました。同社の加熱装置の生産における活動は、国内と産業の2つの方向で進展している。家庭用壁掛け式ボイラーは、二重回路または単一回路とすることができる。最も人気のあるモデルはDomiproject、Domitech、Diviatorです。床ボイラーは単回路で、一部のモデルはディーゼルとガスで動作することができます。フェロリのボイラーに関するレビューに興味がある場合は、以下でそれらを読むことができます。
固体燃料とガスボイラーGazStroyの企業では、40以上のモデルの暖炉が生産されています。その中で、小さなアパートから大規模な生産設備まで、あらゆる地域の暖房に適した製品を見つけることができます。固体燃料ボイラーのレビューを読む。最も普及しているのは、ガスと固体燃料を同時に処理できるボイラーを組み合わせたものです。このブランドのすべての製品は控えめで耐久性があり、Hearthの火災についてのレビューは彼らの欠点と利点について学ぶのに役立ちます。
ボッシュのガスボイラーは信頼性が高く近代的です。ボッシュの範囲には、床と壁、単回路と二重回路、対流および凝縮ボイラーが含まれます。彼らは拘束されたデザインと機能強化されています。さらに、ボッシュのボイラーは、診断システムを備え、自動設定が装備されているため、使用するのが安全で使いやすいです。ボイラーのレビューボッシュは、所有者に代わって製品の潜在的な欠点を知る手助けをします。
韓国の懸念Kituramiは長い歴史を持っている、保持だけでなく、生産を含む研究開発企業。この品揃えには、Kituramiのディーゼル、ガス、バイオ燃料、ペレットボイラーが含まれています。ディーゼルモデルは、ターボとKSOの2つのシリーズで生産されています。ガス焚き湯沸器:KSG、TGB-30R、World 3000。また、固体とディーゼルの2種類の燃料で同時に作動するKITURIボイラーのレビューを知ることができます。
チェコの会社Viadrusのボイラーは、品質と信頼性の高いロシアでよく知られています。同社は固体燃料モデルだけでなく、普遍的なボイラーにも依存しており、他のタイプの燃料のために迅速に再構築することができます。メーカーによると、その製品の寿命は50年以上です。 Viadrusボイラーに関するレビューを読んだら、このブランドのユニットの品質に関する独自の意見を作成することができます。
排他的なボイラーはロシアで最も有名です。同社は、電気、固体および液体燃料、ガスだけでなく、代替エネルギー源を使用して集約する伝統的なボイラーを生産する点で異なる。範囲には、Vailantガスボイラー、壁および床、電気、ディーゼルおよび凝縮装置が含まれます。 Vailantボイラーについてのレビューでは、それらを競合他社の製品と比較することができます。
暖房のボイラーJSC "Borinsky"は1992年以来生産しています。企業の品揃えには、AOGV、KOV、KSGK、AKHV、ボイラー「Ishma」の独自の開発など、いくつかの異なるモデルがあります。ボアのボイラーを選択することは、温暖化が予想される部屋のエリアでお勧めです。ボリンガス加熱ボイラーについてのレビューは、このメーカーのボイラーの実用性と信頼性を実感できるようにします。
map